≪ 2011. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2011. 05 ≫

プロフィール

okadatosou

Author:okadatosou
東京都練馬区で岡田塗装という建築塗装店を営んでおります。そんな男の日々のつぶやきです。
>>東京都練馬区 岡田塗装のHP
>>会社紹介
>>塗り替えの目安
>>塗料と塗装行程
>>塗装の単価
>>現場の紹介
>>メール
>>チラシ



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

国分寺市にて 






国分寺市の現場にて
破風板、軒天、雨樋、門扉
玄関扉の部分塗装に来ています。

iPhoneから送信
スポンサーサイト
2011. 04. 30. (Sat) 10:00  [現場日記コメント:0  トラックバック:0

屋根塗装 

写真2

屋根塗装完了後。
仕上げはウレタン塗料です。
2011. 04. 27. (Wed) 05:47  [未分類コメント:0  トラックバック:0

屋根塗装 

今日は中野区沼袋に
屋根塗装に来ています。
エポキシ錆止めタッチアップ塗装、
上塗りにウレタン塗料という行程で仕上げる予定です。

iPhoneから送信
2011. 04. 26. (Tue) 12:22  [現場日記コメント:0  トラックバック:0

内装枠周り及び天井塗装 






世田谷区のマンションで内装枠周りと
リシン模様の天井の塗装に
来ています。
枠はウレタンの5分艶、
天井は水性ケンエースでの塗装です。

iPhoneから送信
2011. 04. 22. (Fri) 15:18  [現場日記コメント:0  トラックバック:0

ビルの内壁補修 

東日本大震災の影響で出来た内壁のひび割れを補修しに
池袋のビルに来ています。
下地のボードがでこぼこしていて
かなり手こずっていますが
精一杯取り組みたいと思ってます。

iPhoneから送信
2011. 04. 19. (Tue) 12:44  [現場日記コメント:0  トラックバック:0

ご自身で塗装される場合のアドバイスや注意点 

ご自身のお家をご自身でメンテナンスされる、
これも一つの楽しみではと思います。
危険な場所、高所や屋根などは安全面などでお勧め出来ませんが
安全な場所、塗りやすいものはご自身でお手入れされる事で
お家に体する愛着も増されるのではないでしょうか。

この時注意して頂きたいのは材料なんですよね。
家庭用塗料などだと塗装屋ではあまり使わない材料もあります。

まず鉄部への塗装では水性塗料はお勧め出来ません。
水性の場合、直に鉄に塗るとサビを誘発しますし、上塗りに水性を使う場合は
専用の錆止めを使うそうです。
当社では水性塗料での鉄部塗装の経験は無いので何とも言えませんが
やはり油性塗料、耐久性などを考えると
弱溶剤のウレタン塗料など使うのが良いのではないでしょうか。
なれるまではしっかりと養生をして焦らずゆっくり
汚さない様に塗る事が成功のコツの様な気がします。

それとよくあるのがひび割れの補修などをご自身でされている事がありますが
そのコーキングがシリコン系の塗料のくいつかないコーキングの場合が結構あります。
この場合、本職が塗り替える時に塗料がのらず、くいつき不良を起こす場合があります。
塗り替えは塗り重ねて行く以上下地に左右される部分も多いです。
仕上がり不良などは塗り重ねれば綺麗になりますが
間違った材料を使うと大きなトラブルや出費になる場合がありますのでお気をつけを。

ご自身で塗装されるのにお勧めなのは木製デッキなどのステインの塗装でしょうか。
オイルステインは木に吸い込ませる塗装なのでなるべく短いスパンで塗り替える事が
長持ちの秘訣になります。
できれば1~2年に一度、防腐剤入りのステインで塗装出来れば
理想的ではないでしょうか。
ですがこのスパンで塗装屋に頼むというのも出費の面で大変ではと思います。
安全な場所でしたらご自身でトライするのもいいかもしれません。

今は業者向けの塗料店でも塗料を販売してくれる店も多いと思います。
そう言うお店で材料の事を良く聞いてされるといいと思います。
僕らは塗装のプロと自負していますが材料屋さんは材料のプロです。
僕も材料で解らない事や疑問があると
よく材料屋さんやメーカーへ問い合わせたりします。
是非ご参考にしてみて下さい。
2011. 04. 14. (Thu) 09:37  [塗装考察コメント:0  トラックバック:0

フラットベース 

先日、西葛西の方へ内装の枠周りの塗装に行ってきました。
内装の塗装では艶調整を行う事がたまにあります。
外部でもデザイン的な意味で艶調整を行う事はありますが
つや有りの方が持ちは良いという様な印象があるので
一般住宅の塗装ではあまりお勧めはしていませんが。

我が社は木部、鉄部共ウレタン塗料を使用するのが標準ですので
ウレタン塗料用のフラットベースという顔料をまぜて艶を落とし調節します。
もちろん多くの材料を使う時は一斗缶で艶調整をした塗料を取り寄せ使用しますが
少量の材料で足りる場合は取り寄せの時間短縮もありますし
現場で調色させて頂く事が多いです。
2011. 04. 11. (Mon) 09:00  [塗装考察コメント:0  トラックバック:0

営業まわり 






今日は営業まわりにきています。
桜も咲いてきましたね。
ポカポカです。

iPhoneから送信
2011. 04. 06. (Wed) 13:12  [現場日記コメント:0  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。